プラント事業|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

プラント事業

SAVER
蒸発濃縮装置
放熱管式乾燥システム
脱脂判定器

SAVER 無排水・節水式表面処理設備『セイバー』

優れた2つの機能で特許を取得。
節水式とクローズド式で、大きな威力を発揮します。

  1. 節水式:水洗の給水量を大幅に低減します。
  2. クローズド式:水洗から常時排水を出しません。
図解のテキスト 節水・クローズド

セイバーは上図のように置換水洗による「節水式」、蒸発システムによる「クローズド式」、の2つの組み合わせにより特許を取得。

水洗給水量の大幅低減、水洗からの排水を完全にシャットアウトすることで、従来式では得られない排水処理コストの低減、環境汚染抑止に 大きく貢献します。

従来式とセイバーを各項目別に比較

従来式とセイバーを各項目別に比較

このページのトップへ

蒸発濃縮装置

通常の塗装ラインでは、稼働ラインから出た排水を、薬品処理により有害物質を排水基準以下まで低減させます。ケミコートの蒸発濃縮装置は、蒸発により排水中の水分のみを屋外に排気し、有害物質を濃縮することができます。濃縮された排水は、産業廃棄物として廃棄されますが、蒸発前に比べ大変少なくなります。ケミコートの蒸発濃縮装置のメリットは、

  1. 通常の排水処理に比べて小規模である事。
  2. 焼付け炉、水切り炉の排熱を利用することで効率的に燃料コストが抑えられる事。

などが挙げられます。


図を拡大

このページのトップへ

放熱管式乾燥システム

【特許】直燃脱臭燃焼炉

一般的な塗装工程では、塗料を焼付ける工程で、シンナーや塗料の焼付けによって発生するヤニが悪臭の原因となり、このまま大気中に放出することはできません。また、焼付け炉内に発生するこれら悪臭の原因物質は、非常に引火しやすいため、早期に除去しないとヤニが炉壁に付着して、火災の要因となります。このような状況を打破する解決策として誕生したシステムが「放熱管式乾燥システム」です。このシステムの稼働により、

  1. 塗装焼付け炉を放熱管による加熱方式とするため、炉内の温度分布が均一になる。また、強制循環をしないため、ゴミが塗装物に付着しない。
  2. 脱臭装置は、塗料焼付け炉内の放熱管の加熱と共用されているため、効率が良く、設備費が安い。
  3. 塗装焼付け炉の余剰熱風は水切り炉や蒸発装置を加熱するため、熱源の大幅な低減や有効利用が可能になる。

など、さまざまなメリットをもたらします。これらの優れたメリットは、それぞれの有機的な相互作用により、金属の表面処理から塗装にいたるまでの工程において、より効率的で円滑な「流れ」を生み出します。


図を拡大

このページのトップへ

脱脂判定器【特許】

金属製品を製造する過程で、表面を綺麗にする脱脂は非常に重要な工程です。
十分に脱脂ができているかどうか、目視検査では判断できない鋼板表面の残留油分を定量的に検知・記録することができるのが脱脂判定器です。
定量的な判断が出来ることにより、
・生産ラインで直接製品に対して非破壊検査ができる。
・過剰な洗浄などムダを減らすことができる。
・品質エビデンスを数値として残すことができる。
・不具合発生時の油分の影響評価に使用できる。
などのメリットがあります。
例えば、塗装ライン、めっきラインでこの脱脂判定器により検査し、密着不良などの不具合を未然に防止することができます。


図を拡大


図を拡大


図を拡大

このページのトップへ