屋外暴露試験|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

屋外暴露試験

屋外暴露試験とは、屋外に工業材料のサンプルを設置し、その化学的性質、物理的性質および変化を調査する試験です。

現代社会ではいろいろな工業材料が使われていますが、どのような材料であっても自然環境のなかで劣化することは避けられません。JIS(日本工業規格)では工業製品に関するさまざまな規格が定められていますが、そのなかで耐候性とは「屋外で日光、風雨などの自然作用に対して変化しにくい性質」と定義し、耐候性を調べる屋外暴露試験の方法が規定されています。

屋外暴露試験は難点としては、同一条件の再現をすることが難しく、また非常に長い時間を必要とするということがあげられます。ですから実際には、劣化を引き起こす要因となる光、熱、湿度、降雨、ガスなどの条件を人工的に再現した、促進暴露試験がよく行われます。促進暴露試験は短時間で調査することが可能ですが、屋外暴露試験に比べて精度が劣るため、二つを併用していく方法もとられます。