溶接スケール|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

溶接スケール

溶接スケールとはステンレスや鉄など鋼において、溶接加工した際に空気中の酸素と結合し酸化鉄を作る現象によって表面に焼け(スケール)が生成されるものです。

ステンレスの溶接ではスケールの処理が非常に重要な処理としてみられており、表面にスケール層とその更に下にアンダースケール層というものが生成されます。これが溶接焼けと呼ばれており、外観の変化だけでなくステンレス自体の組織にも悪影響を及ぼし、不動態皮膜の破壊や電食といったトラブルの原因になるといわれています。スケール層及びアンダースケール層は肉眼では判断がつきにくいとされています。

このことから溶接焼けはアンダースケール層までしっかりと除去しなければならず、その方法も様々です。研削法というものがあり、ブラスト等の物理的な方法で除去することができますが、素材の表面を傷つけてしまい酸化させてしまうので必ず後処理として不動態化処理を施します。

一般的に硝ふっ酸を使用する酸洗法もありますが、有害ガスが発生するので扱いに注意が必要です。素材の厚さによっては王水という混合液が使用されることもあり、また電解法と呼ばれる電流を使用して除去する方法もあります。