排水処理|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

排水処理

排水処理とは、工場等からの廃水に含まれる有害物質や汚濁物質を取り除き、排水基準値以下にする処理のことです。大別すると固液分離、物理化学的処理、生物学的処理、熱処理の4つの方法があります。

固液分離とは、廃水中の浮遊物を分離回収する処理法のことです。遠心力や対象物質の比重差などを利用します。

物理学的処理とは、物理学的作用や化学反応を用いた処理法のことです。沈殿・ろ過・吸着などの物理学的作用や、化学薬品による凝集効果や酸化還元作用などを利用します。

生物学的処理とは、細菌などの微生物の代謝を利用して汚濁物質を酸化・還元し、生物学的に安定させる処理法のことです。硝化脱窒法や生物膜法などがあります。

熱処理とは水熱反応を利用した処理法のことです。蒸留法などがあります。

実際の排水処理現場では、有害物質や汚濁物質の性質や濃度などに合わせて、これらを最適に組み合わせることで精度の高い排水処理が行われています。