環境配慮型フラックス|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

環境配慮型フラックス

1.製品特徴

  • 銅及び黄銅熱交換機のコア、チューブロール、プレート等のハンダ付けフラックス
  • 塩化亜鉛非含有品
  • ハンダ付け時の臭気及び発煙量の低減
  • 腐食性の低減

2.臭気及び発煙低減

臭気比較 発煙量比較

従来品に比べ、臭気は官能評価で低減し、発煙時間が大幅に短縮。作業者にとってハンダ付けのしやすい作業環境に。

3.腐食性の低減

フラックスの発煙による腐食性の確認。

蒸発皿にフラックスを入れ、試験片で蓋をし、10分間加熱して試験片の発錆状態を比較。

腐食性比較

従来品と比較し発錆が約半分に減少。設備に与える腐食影響も低減。

4.ハンダ広がり性

黄銅板に20%鉛ハンダ粒を乗せ、350℃×2分間加熱し、ハンダ広がり性を確認。

はんだ広がり性比較

製品性能は従来品と同等以上。