表面調整剤|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

表面調整剤

表面調整剤商品例

スタンダードタイプ No.ケミクロンK-3
No.ケミクロンK-6
No.ケミクロンS-2等
液体タイプ No.ケミクロンZ-1

表面調整剤とは、その効果

様々な分野で表面調整という言葉は使われますが、塗装前処理の分野での表面調整とはリン酸塩皮膜処理工程の一工程のことを指します。その中でもリン酸亜鉛皮膜処理工程で表面調整工程が多く採用されます。
リン酸塩皮膜処理の基本工程は、金属素材の表面に付着した油脂やごみを取り除く「脱脂工程」、金属素材の表面に残った脱脂剤成分を洗い流す「水洗工程」、リン酸塩皮膜を化成させる「皮膜化成工程」、金属素材表面に残った皮膜化成剤成分を洗い流す「水洗工程」で構成されます。リン酸亜鉛皮膜処理の場合は、「皮膜化成工程」の直前に「表面調整工程」を入れます。「表面調整工程」では、良好なリン酸亜鉛皮膜結晶ができるように金属素材表面を調整します。
表面調整剤には、リン酸亜鉛皮膜結晶の核となる成分が含まれていて、金属素材の表面に付着することでこの表面調整成分からリン酸亜鉛皮膜結晶が生成・成長していきます。この表面調整工程を行うことで、リン酸亜鉛皮膜結晶は均一で緻密な結晶になります。また、皮膜化成反応がしやすくなるため、表面調整工程のない場合と比べて、皮膜化成行程の処理時間の短縮効果もあります。均一で緻密なリン酸亜鉛皮膜結晶は、塗膜の密着性や耐食性が向上させます。特に、電着塗装ではリン酸亜鉛皮膜結晶が緻密な程、耐食性が向上します。

表面調整剤の種類と特徴

表面調整剤は、大きく分けると2種類あります。液体の表面調整剤と粉末の表面調整剤です。お客様のご使用条件等に合わせて選定を行います。選定における大きな要素として、お客様の表面処理ラインの工程や特性が挙げられます。表面処理ラインは、同じ工程・使用薬剤でも処理をする製品によってラインの特性が変わってきます。また、表面調整工程だけを取っても前工程や後工程を考慮して薬剤の選定をする必要があります。