ピンホール|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

ピンホール

塗装においてピンホールとは、欠陥の一つです。塗膜に針で突いたような穴ができている状態で、穴は素地まで達している場合が多いです。

 ピンホールは、塗膜を形成する過程で塗膜内を気体が通過した跡がそのまま残ることで発生します。例えば、塗料をスプレーで吹き付ける際に水分が入り込んだ場合、塗膜が硬化するまでに水分が蒸発して塗膜の外に出て行きます。この時の水分の通り道が、ピンホールとして残ることになります。この場合、塗料をスプレーで吹き付ける際に水分が入り込まない様にコンプレッサーのフィルター洗浄などの水分が混入する原因を取り除く必要があります。