BOD|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

BOD

 BODとは、生物化学的酸素要求量のことでBiochemical Oxygen Demandの略です。水中の有機物などの量を、その酸化分解のために微生物が必要とする酸素の量で表したもので、特定の物質を示すものではありません。水の環境汚染の指標の一つです。

 BODは好気性微生物が一定時間中に水中の汚染物質(有機物)を酸化・分解する際に消費する溶存酸素量のことで、数値が大きければ有機物による汚染が進んでいる事を示します。

 主に河川の水質汚濁検査で使われる指標で、水質汚濁の防止を目的として規制値も設定されています。アンモニア性窒素もBODの測定値として検出されます。このアンモニア性窒素や亜硝酸性窒素が微生物によって硝化されるときに消費される酸素の量を表したC-BODやアンモニア性窒素や亜硝酸性窒素が分解される時に消費される酸素を除いた生物化学的酸素要求量をN-BODとして測定する場合があります。毒物や微生物で分解できない汚染物質はBODによる測定は不可能です。BODの測定方法は、規定された温度の中で5日間暗所にて静置することで実際に微生物による汚染物質(有機物)の分解を行わせます。検査初日(採取当日)と5日後の酸素濃度をチェックして酸素量の差をBODの値とします。

 国の定める一律排水基準の生活環境項目には、160mg/L(日間平均120mg/L)として規制値が設定されています。この規制値は、海域及び湖沼以外の公共用水域に排出される排水に対して適用される項目です。該当する排水は、適切に排水処理を行って環境への悪影響が発生しないようにする必要があります。