フェノールフタレイン|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

フェノールフタレイン

 フェノールフタレインとは、化学式でC20H14O4と表記される有機化合物です。分析化学において酸塩基指示薬として用いられます。白色または淡黄色の固体であり、空気中で安定な物質です。

 粉末状にしたものをエタノールと共に水に溶かすとフェノールフタレイン溶液と呼ばれる酸塩基の指示薬となります。通常無色透明ですが、pH8以上で赤紫色に変わり、アルカリ性が強くなるにつれて色が濃くなっていきます。ただし、pH13.4以上の強いアルカリ性の液体に対しては退色し、無色に戻ります。

 工業用では、コンクリートの劣化深度を把握するために使用されることがあります。コンクリートは通常pH12から13程度のアルカリ性を示しますが、空気中の二酸化炭素と化学反応を起こし、表面が中性となることがあります。中性化した部分は、コンクリート内部の鉄筋も酸化し、さびを生じさせます。このさびにより膨張圧がコンクリートにかかるとひび割れに繋がってしまいます。そこで、フェノールフタレイン溶液を使って、中性化した深度を測定することが求められます。