フラックス|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

フラックス

フラックスとは、はんだ付けを行う際に、金属表面処理のために用いられるものです。フラックスの主な役割としては、はんだ付けを行う部分の表面につけて、付着している酸化物や汚れなどを取り除くことが目的としてあります。はんだ面に金属の酸化物や汚れが付着していると、はんだを上手く接着することができません。そのため、はんだ付けの作業を行う前に、金属表面処理の一環として事前にフラックスを塗布します。はんだ付け不良の大きな原因の一つが、はんだ面の酸化物や汚れである事から、フラックスによる金属表面処理を行う事は重要性が高いです。

またフラックスによる金属表面処理では、金属の表面の酸化物や汚れを取り除くというだけでなく、はんだ付けの際の加熱作業中に金属表面が酸化することを防ぐ役割もあります。

さらに、フラックスをあらかじめはんだ面に塗布しておくと、溶けたはんだの表面張力を抑える効果も得られます。はんだが熱により固体から液体に変化した時、表面張力を抑えることで、はんだ面と部材との接着を促すことができます。