ブロムフェノールブルー|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

ブロムフェノールブルー

ブロムフェノールブルーは、その呼び名の他、アルブテストやブロモフェノールブルー等と言った慣用名も持ち合わせています。pH3.0から4.6の変色点で用いられる、酸塩基指示薬のひとつとして挙げられます。また、可逆変化を起こす成分でもあり、pHが3.0以下の場合に黄色、pH4.6以上の場合には青から紫色になります。色素として採用された場合には、光を当てることで赤色に見えます。

また、金属表面処理に用いる処理液の遊離酸度を測定する場合にブロムフェノールブルーが指示薬として用いられるケースもあります。

その他の使用方法としては、アガロースゲル電気泳動やポリアクリルアミドゲル電気泳動等では、ブロムフェノールブルーがカラーマーカーとして用いられています。通常pH条件下での電気泳動を行なった場合、ブロムフェノールブルーは負電荷を有していることからDNAやタンパク質と同じ向きに移動します。ゲルの密度そして緩衝溶液の組織に依存した移動度となりますが、緩衝溶液にTAEまたはTBEバッファー、1%のアガロースゲルを採用した場合、一般的にはおよそ500塩基対のDNAと同等な移動度を有すると言われています。