亜鉛めっき鋼板|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

亜鉛めっき鋼板

亜鉛めっきは錆が発生するのを防ぐことを目的に、鉄鋼に施されるメッキとして代表的なものとなっています。

亜鉛めっきにはいくつかの種類があります。それは溶融した金属亜鉛から膜を形成させる溶融亜鉛めっきといわれるものと、電気めっき法によって膜を形成させる電気亜鉛めっきがあります。亜鉛は鉄よりも電気化学的に活性ですので、腐食しやすい環境の中でも優先的に反応をして、鉄を保護する作用を行ってくれます。したがって亜鉛めっきの状態のままでは、亜鉛の腐食生成物である白い錆が発生しやすいので、表面にリン酸塩処理と呼ばれる一時防錆処理が行われています。

亜鉛めっき鋼板は、亜鉛めっき加工が行われた鋼板になります。亜鉛鉄板やトタン板もこの中に含まれています。

その特長は、表面に酸化皮膜が作られているので、水に強くなっています。傷ができた場合でも亜鉛は鉄よりも腐食しやすいので、亜鉛が優先して腐食することで鉄の腐食を防ぐ効果が期待できます。