ジャーテスト|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

ジャーテスト

ジャーテストとは排水処理の対象となる汚水について適正な凝集剤の注入率を決めるために行われるテストになります。水処理一般や汚泥処理などの操作のときに行われています。

凝集処理の際に使う薬剤である凝集剤の硫酸バンドやアルカリ補助剤等の薬品注入率を決めるために行う試験方法となっています。ジャーテスターを使ってビーカーに入っている一定量の原水を、回転機によって撹拌しながら薬品を添加します。こうすることでコロイド粒子が集まって粒子がより大きくなるという凝集反応が見られます。薬品注入率別でテストを行って、所定の評価項目によって適正な凝集剤の注入率を決定します。

薬品注入率別で試験を行う際には、ジャーテスターに複数のビーカーをセットして撹拌条件や凝集剤の添加タイミングを同じにして凝集試験が行います。この試験は凝集剤の添加量や撹拌条件、このほかに添加タイミングなど何通りもの組み合わせの条件を試しながら行った上で比較をする必要があります。