リン酸亜鉛処理|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

リン酸亜鉛処理

 リン酸亜鉛処理とはリン酸塩処理のひとつで幅広く使われている化成処理方法です。鋼鉄や亜鉛メッキ製品などの金属表面などをリン酸イオンと亜鉛イオンを主成分とした溶液と化学反応させることで金属表面に強固に密着した不溶性のリン酸亜鉛結晶による皮膜(ミクロンオーダーの厚さになります)を形成させる処理方法です。

 工業的目的としては、塗装下地として塗膜を剥離しにくくする密着性の向上と、塗装に傷が付いても錆が広がらないようにする防錆性や耐食性を大きく向上させることです。自動車を始め多くの工業製品に採用されており、冷間鍛造などの塑性加工の際に摩擦による負荷を軽減するための潤滑皮膜としても使用されることがあります。

 また、処理温度が60℃以下の物が多く、被処理物に物理変化が起こりにくく、扱いやすいのも特徴のひとつです。

リン酸塩処理としてリン酸鉄処理もありますが、塗装下地としての耐食性能はリン酸亜鉛処理の方が優れています。リン酸鉄処理と比較して、処理工程や管理方法が複雑であることから金属製品に要求される塗膜性能を元に処理方法の選定を行う必要があります。