リン酸塩処理|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

リン酸塩処理

金属加工処理において、リン酸塩処理は鋼鉄や亜鉛などの金属の表面部分にリン酸亜鉛やリン酸鉄などの金属塩による皮膜を作るもので、代表的な化成処理の方法です。

リン酸塩による薄い皮膜は、目的や用途により使い分けをするためそれぞれの外観は異なります。リン酸塩皮膜を作ることによって金属製品の錆を防止するという効果があり、この防錆性を主な目的としてこの処理方法は広がっていきました。塗装下地としてこのリン酸塩処理を行うことによって、塗膜がはがれにくくなったり、塗膜に傷がついた時にそこから錆が広がるのを抑える効果を発揮します。応用範囲も広いため、多くの工業製品で広く標準的に活用されている処理方法です。

このリン酸塩処理は、塗装下地処理以外にも金属加工時の潤滑剤と併用して塑性加工を容易にする場合にも使われたりします。リン酸塩処理の工程で最も単純なものは、脱脂化成による方法で、脱脂化成処理と薬剤を洗い流す水洗工程の2種類の工程で構成されています。金属製品表面の油やゴミの付着度合いやリン酸塩皮膜に求められる性能により、適切なリン酸塩皮膜や処理工程を選定することが良い品質の製品を作る上で重要となります。