塗装剥離|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

塗装剥離

 塗装剥離とは金属製品の塗装や樹脂を剥がす作業のことをいいます。塗装を剥がす方法としては大きく分けて3種類あり、化学的方法、物理的方法、熱的方法があります。

 化学的方法とは水溶液系や溶剤系の剥離剤を使用する方法で、昔は有機溶剤の混合液などが主流でしたが年代が進むにつれて環境のことや人体の影響が考えられ、近年では高沸点溶剤が主流となってきています。

 物理的方法はヘラなどで削り落としたり、砂などを吹き付けて研磨するブラスト処理などが広く知れ渡っています。

 熱的方法は剥離したいものを500度前後の熱で加熱して塗装を熱分解する方法のことをいいます。

 剥離剤を使用した場合の剥離のメカニズムは、まず剥離剤が塗装表面から徐々に内部に浸透していきます。このとき塗装に傷などがあると浸透するスピードは速くなります。これを利用して、あらかじめ塗装に深く傷を付けておくことでは剥離に掛かる時間を短くすることができます。そして塗装と素地間の付着力を破壊することにより塗装が剥がれていきます。また塗装が軟化するように剥がれる膜状タイプと溶けるように剥離する溶解タイプにも分かれます。