洗浄|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

洗浄

洗浄とは物の表面の汚れを取り除いて清浄化することで、表面処理の分野においては、汚れが付着したままではさまざまな不具合が発生するため前処理として必ず何らかの洗浄が行われています。一口に汚れといっても、その種類や程度は多岐にわたりますから、汚れの状況を十分に把握したうえで、最適な洗浄剤および最適な方法が選定されるのが通常です。

一般には水系と準水系および非水系の三種類に洗浄剤は大分類されており、浸漬法やスプレー法など多くの方法が実施されています。すべての汚れの除去に万能なものというものはないため、利点と欠点を理解したうえで対象の金属や製品と汚れの状況に応じて使い分けることが必要です。

水系および準水系による洗浄ではアルカリ性、酸性および中性のものがあり、主に浸漬法が採用され、切削油や脱脂用の洗浄にはアルカリ性もしくは中性のものが用いられます。非水系の場合は可燃性と不燃性に分類され、水系に比べ洗浄力が強いため、洗浄の分野では重要な位置を占めています。