ステンレス鋼|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

ステンレス鋼

ステン:stain(錆びる)+レス:less(ない)、つまり錆びない鋼のことです。

鉄にクロムを少量(10.5%以上)加えることで、耐食性を向上させた合金です。

通常、鉄は酸素や水と接触すると腐食しやすい(錆びやすい)金属です。しかしステンレス鋼は、クロムが酸素と反応することで不動態皮膜(周囲の物質と非常に反応しにくい物質でできた薄い膜)が表面に形成されているため、腐食を防いでいます。

また、さらにニッケルを加えることにより、酸に対する耐食性をより高めたタイプのステンレス鋼もあります。

ステンレス鋼は金属のなかでは非常に耐食性に優れているため、長期にわたり風雨にさらされるものにも使用できます。また、比較的希少性の低い金属から作ることができるため、安価に大量生産が可能です。

そのため、使用用途としては、キッチンのシンクやスプーンなどの生活用品や建築物、車両の部品など、身の回りで幅広く用いられています。