疎水性|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

疎水性

疎水性(そすいせい)とは、水に対する親和性が低く水に溶けにくい、あるいは水と混じりにくい性質のことを指します。同様の言葉に「撥水性(はっすいせい)」があり、通常一般的には両者はほぼ同じ意味で用いられています。また対義語として、水との親和性が高く水になじみやすい性質を示す「親水性(しんすいせい)」があります。

有機物において疎水性の物質は、分子内にメチル基やアルキル基などの炭化水素基を持つものが多く、油になじみやすい「親油性」をもつものが多いという特徴がありますが、シリコンやフッ素化合物のように疎水性を持ちながら親油性を持たない物質もあります。

疎水性の程度を示す指標には水に対する溶解度や酸解離定数を求めるものなどがありますが、コーティング剤やワックス類などの場合には「対水接触角」(塗布表面にできる水滴と表面との接触部分の角度)がひとつの判断基準として良く用いられています。

疎水性コーティング剤やワックス類は、水をはじく効果があるため水汚れがつきにくいなどのメリットがある反面、親油性を持つ場合は油性の汚れが付着しやすく、静電気を帯びやすいので空気中のホコリを吸着しやすいといった問題があります。