フェノールフタレイン溶液|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

フェノールフタレイン溶液

フェノールフタレイン溶液は、粉末状であるフェノールフタレインをエタノール等に溶かしたもので、アルカリ性の検出に使われている試薬です。対象の物が酸性または中性の場合は無色を示すので、酸性か中性かの判断は出来ません。対象物がアルカリ性であれば濃いピンク色に変化し、濃度が高くなるほどに濃い紫色を示します。pH8.0~9.8で徐々に濃いピンク色に変化していきます。さらにpH13.4以上になると無色になるので、pH10.0からpH13.4の範囲のアルカリ性の検出が出来ます。

中和滴定での使い方は、フェノールフタレイン溶液をあらかじめ添加した対象の水溶液に酸、又はアルカリの滴定溶液を垂らして、色の変化を見ていく方法を取ります。管理方法としては、気密の保てる容器で密閉状態にして保管します。フェノールフタレイン溶液を廃棄する場合は、大量の水で希釈したのちに廃棄するようにします。

フェノールフタレイン溶液は、コンクリートの中に炭酸塩を含有しているかどうかの検査に使用されたり、金やカドミウムの検出にも使用されたりします。