局所排気装置|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

局所排気装置

局所排気装置は作業するに当たって有害な物質(粉じん、有機溶剤等)を排気し、第一に作業者が有害物質に曝露されない事、次に作業場の環境を良好に保つ目的で使用されます。全体換気装置が作業場全体の空気を入れ換えるのに対して、局所排気装置は有害物質の発生場所に設置されます。キッチンで料理する際、コンロの真上に設置された換気扇で煙等を吸い上げますが、これも局所排気装置と同様の効果であると言えます。

局所排気装置が換気扇と違うのは、空気清浄装置によって排出される有毒物質が回収され、無害となった空気のみが大気中に放出される点です。

局所排気装置の設置に当たっては、作業場の有害物質を確実に排気できる性能が求められており、そのためには作業場に設置されるフード形状、制御風速等を厳密に設計する必要があります。これは有害物質を漏らさず確実に捕集し、作業者の健康を守るために必須です。

なお、特定化学物質及び有機溶剤を取り扱う作業場においては局所排気装置の設置が法律により義務付けられており、その作業と、局所排気装置を適切に使用できているかを監督する作業主任者を配置する必要があります。