消泡剤があれば泡が発生しても怖くない|表面を科学する【株式会社ケミコート】

金属表面処理のことならおまかせください|表面を科学する【株式会社ケミコート】

消泡剤があれば泡が発生しても怖くない

消泡剤があれば泡による悩みが解消されます。泡ができる要因と消泡剤の特徴を確認しましょう。

泡とは

まず、泡の定義は液体や固体の中に気泡がたくさん集まり、気体が薄い膜で隔てられた状態のことで、泡沫とも言われます。気体を含んだ液体の表面張力によって作られ、泡ができるのはこれらの界面状態のバランスがポイントになっています。液体で泡立ちがよく起こるのは他の物質を混ぜた液体、つまり混合溶液の場合に限定されており、純粋な液体においては泡立つことはありません。

消泡剤の種類

消泡剤にはいくつかの種類が存在しており、それぞれで異なる特徴をもっています。
まずオイルタイプですが、これは鉱物油などに消泡作用がある成分を主成分としたもので、特に表面にできた泡を素早く無くしたい場合に適しており、即効性のある消泡性をもっているため手早く泡を消したい場合に利用されます。一方で即効性があるものの持続性が弱いのがデメリットです。また、排水用のものでは多量に使用した場合、排水を放流した後で河川などで問題になる場合もあります。
次に 、界面活性剤の一種となるのが活性剤タイプの消泡剤ですが、これも油性であり疎水性が高いのが特徴です。また、界面活性剤であるため、界面活性剤と同様に水に入れてある温度よりも高くなると水中に分散して白濁する性質を持ちます。安定性に優れ長期保存が可能、それでいて高い消泡効果が期待できます。デメリットとして、使い方を誤ると逆に発泡を促進させる場合があります。
そして消泡剤成分を水に乳化させて分散させたのが、エマルションタイプの消泡剤です。被消泡液への分散性が高く、さらに脱気性にも高いのが特徴です。デメリットとしては長期保存となると粘り気が強くなり、固まりやすく、また成分が分離して消泡剤としての性能が損なわれるリスクがあることが挙げられます。品質低下を避けるためには直射日光を避けることが基本とされています。
このほか、表面エネルギーが弱く凝集力が弱いシリコーンタイプやシリカを含む特殊タイプがあります。

消泡機構

消泡剤は対象となる発泡液へほんの僅かの量を加えることで泡立つのを抑えることを狙いとしています。発泡というのは液体が薄い膜になり、膜の中に空気を包んだ状態です。泡を生成するには液体の表面張力、泡そのものが持つ粘性が重要な要素になっているようです。この空気を包んでいる膜に消泡剤が入り込むことで壊れやすいように不安定にさせるのが破泡作用と呼ばれ、消泡効果のメカニズムの一つになります。